お遍路へ行こう

お遍路あれこれ

和楽路会

地蔵寺

奈良時代の後期774(宝亀5)年、佐伯直田公(善通)を父、阿刀氏の娘(玉依姫と言われている)を母として、讃岐国多度郡屏風ヶ浦(現在の香川県善通寺市、七十五番札所善通寺誕生院)で生まれたといわれている。幼名を真魚(まお)といい、誕生日と言われる6月15日は、密教八祖(真言密教を確立した人物)の一人である、不空(四または六祖)の入滅日にあたり、後世「不空三蔵の生まれ変わり」と言われた。
空海の父の佐伯氏は、代々讃岐国を治めてきた国造の家柄であり、多度郡一帯を支配する郡司であった。母方の阿刀氏は、学問の職を勤める家柄であり、兄の阿刀大足は都で桓武天皇の皇子、伊予親王の個人教授を勤めたほどの人物である。その阿刀大足を師とし京都に出て論語などの学問の手ほどきを受ける。18歳の頃、特例として大学の政治経済を学ぶ明経科に入学した。しかし、ひとりの沙弥(修験者)から「虚空蔵求聞持」といった秘法(修行を満願すると経典の文句を暗記、理解できる)を教わり、修行の道に入った。
主に修行したのは、四国の山々であり、太龍嶽・室戸岬・石鎚山などであった。室戸岬の洞窟で修行中に目に入るのは、空と海のみ。そこから、空海と改名した。
その後、夢の中のおつげにより、大和国の久米寺に「大日経」を見つけるも理解でず、唐にわたる思いを強くした。

善通寺 804(延暦23)年、前年に失敗した遣唐使に留学僧(私費で長期)として、還学僧(公費で視察)の最澄、橘逸勢等とともに唐に渡った。唐語、漢文をマスターしていた空海は、さらにサンスクリット語(梵語)を教わる。その上で、弟子1000人を越え皇帝から国師と仰がれた、中国密教の頂点にいる恵果(七祖)阿闍梨(あじゃり 密教の正当な後継者)がいる青龍寺の門をたたいた。そこで、「大日経」と「金剛頂経」の教えを受け、その中で生涯の守り仏を決める儀式で大日如来になり、大日如来の別名「遍照金剛」を名のるようになった。恵果は、日本から来て2ヶ月だけ修行した空海を後継者とし、密教第八祖、阿闍梨空海を誕生させた。空海は日本で密教を広めるべく、恵果の死後、数々の経典・仏具・阿闍梨の品々とともに帰国した。(中国密教のその後・・・・842年皇帝が道教に帰依して、極端な国粋主義に走り、大規模な仏教弾圧を行った。中国密教も例外で無く、恵果がいた青龍寺も破壊され、地方で細々と続いたものの11世紀ごろには消滅してしまった。)

地蔵寺

帰国後、4年ほどは、九州の地に留め置かれたが(四国を回っていたとも)、809(大同4)年嵯峨天皇になり、都の北部の高雄山寺(神護寺)に入った。真言宗開創の勅旨を得て、東大寺や乙訓寺の別当(事務長)を任せられた。さらに、修行の場として高野山に堂宇を建築し、都の東寺を密教宣布の場所とした。835(承和2)年62才で入定した。
大師とは、入定後、天皇が与えるもので、921(延喜21)年醍醐天皇より弘法大師の号を得た。 弘法大師の伝説は各地にあるが、書道家であり、建築家であり、教育者であり、詩人・著述家であり、語学力に優れた外交官であったのは史実から確かであろう。

八十八カ所の由来

各お寺さんの開祖やその時期はまちまちであるが、弘法大師が厄年である42歳812(弘仁3)年の頃、四国を巡錫し、新しく堂宇を建立したり、既存の寺院を整備したりして八十八ヶ所に霊場を開いた。
また、弘法大師の十大弟子の一人である真済が、大師入定後、その遺跡を遍歴したのが霊場となった。
諸説あるところだが、煩悩の数、米という字を分解した数、男42女33子供13という厄年を合わせた数等、八十八の意味を解釈しているところもある。

巡礼の始まりと衛門三郎

地蔵寺

霊場を開いたのを弘法大師とすると弟子である真済が巡礼の始まりであろう。その後は、僧侶の修行場として続いていただろうと思われる。17世紀中ごろ、大坂寺島(大阪府)の修行僧真念は、「四国遍路指南」などの出版や四国各地に標石を建立し大衆化に寄与した。
19世紀前後になると遍路に関する書物や品物も多く残されていることより、民衆に浸透していたのだろうと創造できる。 巡礼の始まり中で出てくるのが、「衛門三郎」の話しである。

弘法大師が巡礼中、伊予国上浮郡荏原(愛媛県松山市)の大きな屋敷に托鉢に訪れた。当家主人の衛門三郎は大変強欲で、再三訪れた僧(弘法大師)を追い払い、鉄鉢を8つに割ってしまう。その後、三郎の8人の男児を次々に無くし、自分の行いを悔い、托鉢僧である弘法大師を求め遍路の旅に出た。しかし、20回廻っても会えず、21回目に逆に回り始め、十二番焼山寺で倒れてしまう。大師が現れ、罪を許してもらい、大師から衛門三郎と書いた石を授けられ、握ったまま死んでしまう。その後、伊予領主河野氏に嫡男が誕生したが、手を開かない。安養寺に願をかけたところ、手が開き中から衛門三郎と書いた石が出てきた。その子が大きくなり、15歳で河野家の家督を継ぐと人民をいくつしみ、善行を行った。その後河野家に伝わる石を安養寺に納め、室町時代に石手寺となった。

心得

お遍路の心構えとして三信条

一.
摂取不捨(せっしゅふしゃ)の御誓願を、同行二人の信仰に励む
都合や立場によって変わる人の世の中にあって、決して見捨てず救ってくださる仏の救済を信じ、常に弘法大師とともに巡拝する

二.
何事も修行と心得て、愚痴や妄語を慎む
巡拝は、修行であるから、グチや偽りを言わず心安らかにする

三.
現世利益を信じ、八十八使の煩悩消滅に励む
お金が儲かるとかで無く、仏によってこの世で救済されることを信じ、88の煩悩を消し去り、悟りを目指す。

お遍路のルールとしての十善戒

お遍路の心構えとして三信条

特別な事は無く常識的なことだが、身(からだ)と口と意(こころ)を正しく生きていくということ

一.不殺生ふせっしょう    殺生してはならない

二.不偸盗ふちゅうとう    盗みをしてはならない

三.不邪淫ふじゃいん    みだらなことをしてはならない

四.不妄語ふもうご    偽りを言ってはならない

五.不綺語ふきご    おおげさに言ってはならない

六.不悪口ふあくく    悪口を言ってはならない

七.不両舌ふりょうぜつ    二枚舌を使ってはならない

八.不慳貪ふけんどん    強欲であってはならない

九.不瞋恚ふしんに    怒ってはならない

十.不邪見ふじゃけん    よこしまな考えを起こしてはならない

作法

お寺での参拝方法

一.山門や仁王門に着いたら、境内に入る前に感謝の気持ちを込め、一礼してはいる。

二.水屋で手を洗い、口をすすぐ。洗心と言って心身を清める輪袈裟や数珠を取っていたら、ここからはめる。

三.早朝や夜、鐘を突くことを禁止している所でなければ、1回突く。団体さんなどは1回で良いかも。帰るときは、戻り鐘といって縁起が良くないので付かないように。

四.本堂に行き、自分の火で蝋燭に火をつけ灯明します。

五.同様にしてお線香を上げます。奇数特に3本が多いようです。

六.通常では、本堂賽銭箱近辺にある納札箱・写経箱に納め札・写経を入れる。

七.お賽銭を入れ、合掌し、願いを念じます。

八.読経を行う。

  • 開経偈    一返
  • 般若心経    一巻
  • 御本尊真言    三返 各お寺のご本尊の真言サンスクリット
  • 光明真言    三返
  • 御宝号    三返
  • 回向文    一返

九.大師堂へ行き、4~8までを同様に行い参拝する。

十.納経所に行き朱印をいただく。納経帳300円・納経軸500円・白衣200円。

十一.山門を出て、振り返り感謝の気持ちを込め合掌礼拝して、寺院を後にする。

お遍路あれこれ

■阿波(徳島)発心の道場    1~23番札所    23ヶ寺

発心とは、仏教に帰依する心を起こすことを言います。

■土佐(高知)修行の道場    24~39番札所    16ヶ寺

修行とは、難行苦行だけではなく、仏道に身を起き、精神的な修行を行うこと。

■愛媛(伊予)菩提の道場    40~65番札所    26ヶ寺

発心とは、仏教に帰依する心を起こすことを言います。

■讃岐(香川)涅槃の道場    66~88番札所    23ヶ寺

一切の煩悩を絶ち、解脱の境地にいたること

お遍路

・札所
八十八ヶ寺のこと。参拝する際にお札を打ちつけたことによる。

本堂と大師堂
本堂は、お寺の中心となる堂でご本尊を安置しているところ。八十八ヶ寺では、特に弘法大師を祀っている堂である。お遍路の場合、両方を参拝する。

同行二人
弘法大師とともに修行してると言う意味

・打つ
お寺をお参りする事で、参拝する際にお札を打ちつけたことによる。

・順打ち
時計回りに数の少ないお寺さんから回ること 逆打ち: 反時計回りに数の大きい方から回ること。

・区切り打ち
八十八ヶ寺を一回で回るのでなく、何回かに分けて回ること特に一つの国を区切る事を「一国打ち」という。

・納札
たくさん回った人ほど功徳が得られるとされ、お寺におまいりしたしるしに、お札を打ちつけたことより、今では紙に書いておいて来るようになった。1~4回が白札、5~7回が緑札、8~24回が赤札、25~49回が銀札、50~99回が金札、100回以上が錦札。道中接待を受けた場合にもこの納札を渡す。

・納経帳
お寺にお経を納めたしるしとして、黒書、朱印をもらうための帳面。

・お接待
巡礼者に対して、施しをする習慣を言う。お接待は、お接待をする方の善行であり、自分の分まで巡礼を依頼する事により、基本的にはお接待は断らないほうが良い。南無大師遍照金剛とおなえお札を渡す。